びゅんびゅん高速通信をする為の機種変更だったはずが、ちょっとした認識不足のせいで地獄の速度制限へと陥る

連日WiMAX2+の話でごめんなさい。今日は折角の最新機種への無料交換キャンペーンなのに酷い目に遭った、というかわたくし自身が下手を打って大変な状況になってしまった、という話でございます。UQさん対処ありがとうございます。

昨日3/6の記事、正確には速度計測をしたのは前日の3/5なのですが、新しいWiMAX2+ルーターのW04は下り速度39.43Mbpsまで出していますよね。W04に変えるとそれだけ快適になるのか、と理解しながらも電源とクレードルの問題で、一旦旧機種のHWD15にSIMカードを戻し、これまで同様の運用で昨日の夜までは過ごしていたのです。

ところが昨晩遅い時間になって、どういうわけか通信トラブルが頻繁に起きるようになったのです。iTunesで音楽ストリーミングがうまくいかず「要求がタイムアウトになりました」という謎のメッセージが表示されるようになり、iCloudミュージックライブラリへの接続もうまくいかなくなりました。Macが何度も何度もiCloudへの接続を試みるものの、ライブラリとファイルの照合で不具合が起きている様子でした。

諦めて一晩放っておけば直るかな、と寝床に潜ってiPadをいじってみたら、こちらも動作が非常に遅く不安定になっていて、AirMac Time Capsuleとの接続を外してiPhone SEとのテザリングにしてようやく通常の挙動に戻るという感じで、早々に手を止めて眠りました。本来ならここで気が付かねばならないのですが、この時は全く原因が判りませんでした。

そして今朝。結局Macは一晩中iCloudミュージックライブラリとの接続に失敗し続けていたようでした。MacもiPadもiPhoneも、全ての端末が通信不具合だから原因はルーター側にありそうで、これはもしかしたら昨日からSIMカードをW04とHWD15で何度も入れ替えたせいなのかも…と推理しながら、ひとまずW04にSIMをセットし直して、この動作の著しく遅いMacがどれくらいの速度で通信しているのかを計測してみました。すると。

は?0.1Mbps?

なんぞこれ?

39.43Mbpsは何処いったの? 一昨日はちゃんとそれくらいの速度出てたよね? おい、そのイラストの女子、喜んでる場合じゃないだろ!

いったい何が起きているのか全くわかりませんでした。近所の送信アンテナでも折れたのかな? でなければ、このW04が不良品なのかハズレ機種なのか。

その時にふと、機種交換の申し込み葉書を送る前に電話で相談をしていて、クーリングオフのような猶予期間が設けられているということを思い出したのです。もしこれがハズレ機種なんだったら、契約を解除することも考えた方がいいなと思い始めて。それで再び交換キャンペーンの窓口に電話をしてみました。

そしたらびっくりするような事実が。

契約内容を確認すると言われて知らされたのは、現在契約中のプランはUQ Flat ツープラスであるということ。つまり、月間7GBまでという制限があるプランになっているんだということなのです。そして昨日の時点で7GBは超えているので現在は通信速度制限がかかっていて最大128Kbpsしか出ない状態だということだったのです。

なんでそうなったかというと、2年前にUQ Flat ツープラス(特約付き)というプランの契約をしていて、料金据え置きのまま月間通信量7GBの制限は取っぱらってギガ放題プランと同様の使い勝手にしちゃいましょうというのが特約の内容だったのですね。その特約の有効期限は2年間だけ。

そこで、DMで案内された、さらに1年分の同等の特典が付いて新機種に交換できるキャンペーンを利用して、新しいルーターまでは手に入ったのですが、肝心の料金プランの変更は申し込み葉書到着のタイミングで間に合わなくて、特約が切れた通常の7GB制限のあるUQ Flat ツープラスプランのみ自動更新されてしまったということのようです。

だから新しい契約である月間通信量制限無しのUQ Flat ツープラス ギガ放題が適用されるのは4月からになり、3月は7GB制限ありのUQ Flat ツープラスでの契約なのだけど、6日の時点で既に7GB超えてしまったから3月中は128Kbpsで我慢していただくしかない、ということなのだそうです。

そんなの我慢しろったって出来ませんよ! と抗議しましたが、例によって新プランの適用は翌々月になることもあると申し込み葉書に小さな小さな文字で書いてあったのだそうですよ。そこまでは読んでいませんでした。

それならば、と考えて、新しいギガ放題プランの契約がまだ発効されていないのだから、今月は旧プランを違約金なしで解約できる「更新月」のはずなので、届いたW04をクーリングオフのような契約解除制度を利用して送り返し、申し込みをそっくり無かったことにして、新たに新規契約をしよう(その場合はUQ WiMAX以外も視野に入れよう)と思いつきました。で、オペレーターさんにそのことを告げると、担当部署が別になるのでと電話番号を教えてくれたのでした。

改めて電話をかけ、経緯を説明して、こちらとしては通常のギガ放題プランとの差額を払ってもいいから制限を解除してほしい旨も伝えた上で、解決策が契約解除しかないならその手順を教えてほしいと告げると、思わぬ救済措置を提案してくださいました。

これ書いたらマズイかな? いや、いいか、いいよね…。UQ Flat ツープラス ギガ放題プランとして1ヶ月間だけ使える別のSIMカードを至急発送するので、今月はそれを使って通信してください。そして来月以降はギガ放題プランに変更済みになる元のSIMカードに再び挿し替えて下さい。また、SIMがお届けできるまでの間は、お手元の旧機種HWD15がノーリミットモード(速度は遅いが通信量完全無制限のWiMAXで通信するモード)を利用できるので、そちらをご利用ください。という提案でした。

まあこちらにも葉書の説明を細かく読んでいなかった、葉書を投函するのが遅かった、という落ち度もあるので、それだけの配慮で充分納得してOKの返事をしました。

ちなみに言われるまですっかり存在すら忘れていたノーリミットモード。WiMAX2+への切り替えでWiMAXは停波が近いとの噂もあるくらいですから、新しいW04は対応していないのですよ。前のHWD15に機種変更する際に当時の最新機種W01にするか迷って、結局ノーリミットモードがあった方が制限がかかった時に困らないだろうと敢えて古い型のHWD15を選んだのですが、その恩恵を2年のお勤めを終える間際に受けることになろうとは予想もしませんでした。ありがとうHWD15。ひとまずノーリミットモードでここまで回復しましたよ。

2年前と違って、MacやPCでも利用するなら7GBの制限があると使い物にならないことも判り、料金が高くなってもギガ放題を選ぼうと観念したので、今後はノーリミットモードが無い機種でも大丈夫かと思っていますが(このように皆が観念するのをUQはじっと待っていたんだと思いますが)、本当にこの7GB速度制限ってコワい!128Kbpsなんてひどい!64KbpsのPHSデータ通信で凄いって言ってた時代って何だったのあれ?ということがひしひしと身に染みた1日でした。もしあのDMと同じもので月末近くに申し込んでしまった方はくれぐれもお気をつけくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)