履き潰したNew Balanceのスニーカー達よ、すまん。父さん知らなかったんだよリペアサービスがあったなんて

異例のルートを通る謎の台風も過ぎ去って、カレンダーも7月が去り8月に突入しましたね。8月に入ると少しは災害レベルの暑さも和らぐのかと思いきや、まだまだそんな気配もなさそうです。猛暑も早く過ぎ去って欲しいですね。

さて、更新サボりペースもおよそ1年経ち、すっかり日々の生活から日課のblogという感覚も抜け落ちてしまったのですが、それでも時には「これ書いておきたいなあ」と思うこともあって、しかし重い腰を上げようとしては重すぎて上がらないまま埋もれてしまったネタも数々あるのでした。

それで昨日クロネコヤマトさんが届けてくれた荷物を受け取って、久々に「ああそうだ、これ書いておきたいなあ」と思ったので無理矢理にでも書いておくことにしました。丁度昨日はリラクゼーションマッサージで腰もしっかり揉みほぐしてもらったところでもありますし、心身共に重い腰をどうにかしてしまいましょう。

話は遡りまして5月下旬のことです。部屋の片付けをしていて、かねてから気になっていたものを発掘しました。それは加水分解によってミッドソールがボロボロになったスニーカー。

今から10年くらい前に使用していたものでしょうか、ニューバランスのCM576LGNというモデルのスニーカーで、ヌバック素材の美しいグリーンが履き心地とともに非常に気に入っていた製品であります。今やあまり綺麗ではありませんが、こんな感じのスニーカーです。

しかし大事にしようと思うあまり、日常的にガンガン履いて出かけるというよりは、よそ行き感覚でちょっと履いては長く休めて、というようなローテーションで、出番をあまり作ってやれませんでした。

それ故、当時は半永久的に長持ちさせられるであろうと考えていたのですが、2年くらい前にソールがこんな風にボロボロになっていたことに気づきました。

これはミッドソール部分にポリウレタンが使われているスニーカーはほぼ避けられない加水分解という現象です。触ると朽ちたウレタン素材がポロポロと崩れ落ちます。もうほんと角質層もこれくらいポロポロ剥がれ落ちてくれればいいのにと思うレベルに。

で、ですね。こうなっちゃうともう履けないなあ、しかし気に入ってたモデルなのですぐ捨てるのも気がひけるなあ、まだもうちょっと履けるかなあ、いやいや歩いてる途中で崩れて足をひねるとか怪我をしてしまう可能性だってあるからダメだろう、などと捨てるに捨てられずいつしか記憶上でも埋もれてしまっていたのですが、久々に発掘されてふと、あることも一緒に思い出したのです。

確かニューバランスのスニーカーってリペアサービスがあるんじゃなかったっけ?

結構昔ですが、どこかのサイトかblogかでそういうサービスがあるという記述を読んだことがあるのです。今もそれが継続されているのかわかりませんが、とりあえずニューバランスジャパンさんの公式サイトを丹念に見たところ…どこにもそれらしい記述が見つかりませんでした。しかし、検索を続けていくと、いくつか2016〜7年時点でオールソール交換修理をやってもらったという体験談がヒットしたのです。

じゃあダメ元で問い合わせてみるかと思い、ニューバランスジャパンさんのお客様相談室へ電話して尋ねました。結果、オールソール交換修理は対象のモデルであれば受け付けているとのこと。で、問題はこのスニーカーが対象モデルに含まれているか否かなのですが、なんと、修理可能とのこと。やった!

実は、事前に読んでいた体験談に載せられていた対象品リストには、自分のCM576LGNというモデルは含まれていなかったので半ば諦めていたのですが、交換用ソールユニットというのがいくつか用意されていて、その中に対応できるものがあるので修理可能だということなのだそうです。

はいはーい、皆さんよく聞いてー、ここ大事なとこー。ネットで拾った情報を全て鵜呑みにしないでー。知りたい情報があったらその対象に直接聞くのがいっちばーん。

さて、それで修理可能だと教えてもらい、ならば修理を希望するのでと話を進めますと、まずは費用の説明。

靴底の部分をそっくり新しいものに変えてしまうオールソール交換、こちらが8000円+消費税。

それプラス履き口の内側のライニング交換の同時修理が13000円+消費税。

対応できるのはこの2種類の修理のみだそうです。ライニングの部分も履き込むとボロボロに破れやすい部分なのですが、わたくしのスニーカーはそこまで履き込んでいないのと破れにくそうな素材なので大きなダメージもなく、オールソール交換のみを申し込みました。ちなみにライニングの修理をする際にはソールを剥がさなければいけない構造なのだそうで、同時交換なら可能だけれどライニングのみの交換は受け付けていないそうです。

しかし8000円+税。この前買った廉価版のM996がセールで7500円程度だったのにそれより高いとは。ですがこのCM576LGNをもう一度蘇らせたいという愛着と天秤にかけたら、高くないという判断になりました。もうこれはご自身の価値観との比較ですよね。8000円+税で気に入ったスニーカーを蘇らせるか、新しいものに買い換えるか。納得いくご判断を。

それと修理にあたって、もう一点の注意が。修理完成までおよそ2ヶ月かかります、と。体験談では1ヶ月強という方もいらっしゃったので、これは修理工場の状態とか時期とかそういうことで左右されるのではないかと思います。わたくしが申し込んだ時は約2ヶ月、そして実際それくらいの時間がかかりました。まあ、履かずに置いてたスニーカーなので全く問題はありませんでしたが、修理して何月何日から履きたい、というような希望がある場合は、それに間に合うかご確認の上お申込みください。

ところで、交換修理を依頼する方法は2つあって、ひとつは東京と大阪にあるニューバランス直営店舗に持ち込む方法。もうひとつは申し込み用紙を郵送してもらい、記入して封入の上、宅急便で送る方法。愛媛県民なので有無を言わず後者ですな。

後者の場合はお客様相談室のオペレーターさんから別の部署の電話番号を教えてもらい、再度そちらへ電話して、申し込み書類を郵送してもらうことになります。書類お届けまでに約1週間かかります。実際かかりました。

届いた書類ですが、挨拶文と、必要事項を記入して修理するスニーカーに同封する「ニューバランスシューズリペアサービスご利用者様情報確認書兼修理完了品ご返却先確認書」という長い名前の複写式書類と、色々。こんなのとか。

こんなのとか。

クリックしたら拡大されると思いますが、修理できるソールユニットとかライニングとか、それ何処のことやねん?って謎が深まる方は右側のイラストを見てくださいませ。また左側の表は対象モデル一覧なのですが、前述の通りここに掲載されていないわたくしのスニーカーのように、交換用ソールユニットが流用できるモデルでしたら修理可能なのでまずは品番を確認して問い合わせてみることをお勧めします。

ただ、わたくしのCM576LGNの場合は対象であるM576の頭にCが付いているだけの差異なので(確かこのCってのはClassicの頭文字で復刻廉価版って意味じゃなかったかという曖昧な記憶)、数字が大幅に違うようなモデルは対象にはならないように思います。修理可能なのはM1300とかM1400とかM996とかM576あたりのスタイルのスニーカーですね、90年代にマニアが血眼になってたあの辺の。

などとウンチクめいた事は置いといて、宅急便で送ってから約2ヶ月弱の7月末、ニューバランスさんから電話が入りました。修理が完了したので返送の日時指定希望を教えて下さいとのこと。

修理代金は代引きでクロネコヤマトさんに支払うので、確実に在宅している日時を伝えました。普段のクロネコさんなら代引きもnanacoやWAONで支払えるのに今回は現金のみ取り扱いとのこと。ここだけちょっと改善して欲しいですが、まあでも修理代金の中に返送の送料も含まれての8640円は良心的かも。

そして昨日無事に受け取りました。お帰りなさい、久しぶりの我が家へようこそ。

段ボール箱を開けて、何が嬉しいってさらにその中に真新しいこんな箱に入れて下さっていたこと。自分の履き古しなのに新品のスニーカーを通販で買ったかのようにテンションが上がりますね。よくわかってらっしゃる。

早速中身を取り出してみますと、いやはや見慣れた愛用品に「おかえり」と言うよりも「ようこそいらっしゃいませ」と言いたくなるような蘇りっぷり!!

全然ボロボロしていないENCAPミッドソール。元々はこんなに美しかったのかー。

確かに、ソールを全部剥がすことと交換用ソールユニットが完全に一致しないことで、ヒールカウンターの辺りは糊付けの跡が見えてしまってますね。でもこれくらい全然問題なしです。

つま先辺りもちょびっとゴムが剥がれかけていたのですが、新品がしっかりと貼られております。これならまだまだ歩けそう。

裏返して見たら全くの新品にしか見えないじゃないですかー。これはすごい。興奮のあまり漏らしそう。

という感じでニューバランスジャパンさんのシューズリペアサービスを利用したお話だったのですが、個人的には満足というより感動でございました(最高評価を感動にするなんて田舎の「全ての出会いに感謝」系居酒屋のテーブルの隅にあるアンケートみたいでヤな感じですが、そういう用法とは違う「感動」です)。こんなサービスがあるなんて知ってたら、これまで育ててきたM576レザーコードバンもM996の赤レザーも白レザーも復刻M1300も、たやすく捨てるんじゃなかったー!と絶賛後悔中です。皆様もプレゼントしてもらったり、初めての給料で買ったりなど思い入れのあるニューバランススニーカーがあれば、修理対象か尋ねてご検討なさってはいかがでしょうか。

そして肝心の履き心地なのですが、勿体無くてまだ履いてません!またかよ!何やってんだよ!履いてからblog書けよ!

まあそうですね、今度は勿体ぶらずに履き倒して活躍させようと思います。下駄箱の飾りにしてしまってもどうせ加水分解で10年でしょ、だったらねえ。いや10年後にまたオールソール交換するっていうのも有りなんでしょうけど…そん時わたくし、56歳? その歳でこんな可愛いグリーンのスニーカー履いていられる? そっちの方が難易度高そうな気がしますよ。

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)