平成30年7月豪雨のあんまりな惨状を聞いて、何も出来そうになく感じたので出来ることだけした

平成30年7月豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

少々遅くなってしまいましたが、日本赤十字社の義援金窓口に振り込みを致しました。自身の生活も決して豊かではないので、本当にささやかな金額しか送金できませんでしたが、少しづつでも継続して支援できたらと考えています。

ご報告を忘れておりましたが、今回の豪雨においては、わたくし及び弊社の事務所関連は無事でありました。愛媛県も被災地として報道されているので、わたくしや弊社のことを実際に知っている方の中にはご心配下さっている方もいらっしゃると思いますので、遅ればせながらお知らせしておきます。しかしそうは言っても、事務所のある地区には夜にかけて避難勧告が発令され、すぐ目の前には一級河川が流れているという環境ゆえ、かなり不安な夜を過ごしました。

そして幸い何事もなく一夜を過ごせたものの、翌朝からニュースで流れてくる映像にはかなりの衝撃を与えられました。旅行や仕事で訪れた街がこんなことになっている、友人が住んでいる街がとんでもなく酷い状況に晒されている。正直な気持ち、現実が想像力を超えていたので、何が何だかわからないという感覚でした。

しかしそんな状況でありながらも、締め切りをずらせない仕事を請け負っていたわたくしは、強い雨の中作業場へ向かい、淡々と仕事をして、数日間詰めて心身ともに疲弊していました。それが落ち着いてようやく友人知人の安否を確認した時には、もうすでに1週間以上の時間が経っていました。

幸いにも大洲の友人、宇和島市吉田町の知人ともに命は無事でしたが、吉田町の知人のご自宅は床上に到達するくらいの浸水があったそうで、連日清掃作業に追われているとの事でした。そもそも吉田町は浄水場が被災したため上水道復旧の目処が立っていないのだそうで、汚泥を除去しても洗浄してすすぎをしてという段階まで進めないのだそうです。

実は知人の声を聞くまで「もし何か困っていたら水とか食料品とか、車借りて持って行きましょうか」って軽く考えていたのですが、町の現状を聞いていて、その言葉は喉の奥に詰まってしまいました。「あ、無理だ、気軽になんか行けねぇ、ちゃんと装備しっかりして腹くくってじゃないと行けねぇ」って、頭にグサッと心にズシッときてしまうくらい壮絶な町の現状でした。だから復興支援にフットワーク軽くすぐ動き出せる方々には本当に頭が下がります。

それでも運良く被災しなかった自分は、精一杯自分の生活を回していかなければならないし、それで充分に手を貸すことが出来ないならば、出来ないなりに何か出来そうなことを見つけてやっていくしかないし。だからひとまず本日の義援金送金が小さな一歩目です。そして、なんだか地下アイドルのキャッチコピーみたいだけど、今までで一番手が届きそうなくらい近くにある被災地…なので、8月の出張が終わって落ち着いたらもっと力強く二歩目、三歩目を踏み出してみたいと考えています。

では末筆ながら日本赤十字社の義援金受付窓口についてのリンクを貼っておきますので、ならば自分も! と思われた方は是非是非ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

平成30年7月豪雨災害義援金

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)