人気急上昇のゲームアプリ「スバラシティ」で時間泥棒されてしまえ

先にツッコミ入れておきますねー。「仕事しろ!」

わたくしはあまりゲームをするほうではないのですが、この一週間ほど、とあるゲームに異様な位はまりこんでしまったのです。

便利そうなアプリを探そうとApp Storeをあれこれ見ていたら、お薦めの無料ゲームアプリとして紹介されていたので、ちょっと気になって紹介文やレビューを覗いてみました。その名も「スバラシティ」という、本気なのか駄洒落なのかわからないゲームアプリです。

こういう「無料ゲーム」というのは、無料を謳いつつもアプリ内課金によってお金を払わないとゲームが進められないものも多いので、基本的には手を出さないようにしているのですが、この「スバラシティ」にはそのような注意書きが無く、完全に無料で遊べるようだったので、試しにダウンロードしてしまいました。思えばこれが間違い?の始まり。

IMG_5829

内容はというとこんな感じです。5×5の区画に、建物や人(または木や犬とか)が描かれた色分けされている土地が並んでいるので、それを同色同士で集めていきます。隣接した区画が同じ色なら、そのどちらかをタップすると、そこに区画が合体してひとつの区画となり、その分建物は大きく立派なものにレベルアップしていきます。それによって街の人口も増えていき、その人口がゲームのスコアとして競い合う対象になるわけです。

区画が合体すると空いたスペースには、上から新しい区画が降ってくるので、それでまた次の隣接するところを探してタップしていきます。複数の区画が接していたら、一気にレベルアップさせられるチャンスです。

建物はレベル9までアップさせると展開は変化します。次のレベル10になった区画は土地の色が白になります。こうなると、同じくレベル10の区画同士のみと合体させられるようになるのです。なので一旦他の区画に目を移し、それらもレベル10まで上げていく必要があります。

そして、レベル10のビルの隣にもうひとつレベル10のビルを造ることが出来ました、ら、それらを合体させてしまうわけなのですが、ここで注意がありまして。合体させると土地の色がゴールドになって、レベル11のビルになって終わりなのですが、この時にレベル10のビルをたくさん集めて一気に合体させると、その数によってレベル12以上の建物が出現します。それがお城だったり塔だったり、いろいろなタイプの建物が出て来るのが面白いです。

あと、市長マークといって、ゲームを展開していくと必ず出てくる、ここにあると邪魔だと思える区画をひとつ消すことができる機能があります。これはデフォルトでは2回使えるのですが、タップした回数=年数で、100年ごとに市長マークはひとつ増えます。またレベル17以上の建物を作ってもひとつ増えます。これを使えば手詰まりになったと思った時に突破口を開いたり、上手にレベル10のビルを近い場所に集めたりと、いろいろな活用方法があって、それでゲームを長く楽しく続けることが出来ます。

テトリスやぷよぷよのような落ち物系のゲームのようにも思えますが、消すのではなく一カ所に集約させるという動作が、パズルとしてひと味違うものにさせていると思いました。

あと、このゲームの明るいトーンや、アイコンの市長マークのイラストなどから受けるややポップなイメージに対して、音楽がやたらと中世ヨーロッパの荘厳な感じの曲だったので、そのギャップが個人的にはツボでした。

わたくし自身も、これは中毒性の高いゲームだなあと思いましたが、検索してみるとやはり同じような感想ではまってしまった人が多数の大人気ゲームになっているようですね。現在はiOS版しか無いそうですが、Android版も準備中ということらしいので、そちらがリリースされるとますます人気が高まりそうですよ。

このゲームを開発されたのは、フリーのゲーム開発者である桑木さんという方で、お一人でこつこつと作っていらっしゃるのだそうですよ。ネットメディアにもいくつか取り上げられていたので、記事のリンクを貼っておきますが、インタビューがなかなか興味深かったです。アプリゲームに求められているものとかマネタイズに関する話とか。

APPREVIEW

ファミ通App

エキサイトレビュー

それから桑木さんの開発Blogよりスバラシティの基本ルール解説

とにかくこれだけは言えます。パズル系ゲームが好きな方は、これ際限なくやってしまう時間泥棒なので、タイムリミットが近いお仕事を抱えているのなら今は止めとけ、です。片付けてからドはまりしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)