一晩だけのことだからやり過ごそうと思ってたけど一晩だけじゃなかったからホテルでのマナーも教育してね、と

うはは、願いもむなしく、そして効果的な対策のつもりで練った「極力早めの時間帯を狙って朝食会場へ行く」作戦は裏目に出て、やんちゃ坊主で超満員の騒々しいブレックファーストから1日が始まりました。仕方あるまい。

何のことかと言いますと、些細な通り雨のようなものだろうと敢えて書かなかった昨日の話とその顛末。

昨日ビールやら買いに行き、再びホテルへ戻った際に、ロビーがちょっと騒々しい雰囲気だったんですよ。なんだろうとエレベーターまで進む間に観察してみたら、どうやらスポーツ少年団のようなクラブチームの遠征であるご様子。

それで、今夜はちっと賑やかになりそうだなあと思いながら部屋に戻ったのですが、案の定ドア越しに廊下をドタドタと走る音が。廊下でゲラゲラと笑う声が。

まあ子供のすることだからある程度は仕方ないかと思っているとチームの引率らしい大人の打ち合わせらしき声まで。お前達もか。

あーっ、頼む、頼むから、スポーツの技術に加えて礼儀作法のなんたらまで指導するような表向きであるのでしたら、どうか宿泊先でのマナーについてもご指導ご鞭撻してくださいますようお願い申し上げます。というか指導者がそれではね…。

まあ自分もこういう仕事で、出張のためにホテルで宿泊するようになるまでは、全くそういう意識に欠けていたんですが、いろんな事情の人が宿泊しとるわけなんですよホテルには。楽しい家族旅行の人たちもいれば、仕事で疲れ果てて寝るだけの人もいる。終始テンションが上がっている人もいれば静寂を求めている人もいる。

それでやっぱり、そういういろんな人のいろんな事情を鑑みると、自分の部屋のドアを一歩出たら、そこは「公共」なんですよ。そう振る舞わなければいけないはずなんです。なんだけどどうも建物を入ったら全てプライベートスペースみたいに錯覚する感じがあるんでしょうね。ほら、よくホテルの浴衣やスリッパのままで館内をうろつく人のようなあの感じ。いやいやそれあかんやろ、っていうのは、もうちっと家庭なり教育の場でなり教えておいた方がいいんでないか?というのをわたくしは出張の度に思うのでした。

で、話を戻して。それで、とにかく明朝は朝食バイキング会場で彼らと鉢合わせにならず穏やかに食事できればいいやと願いながら床に就き、6時の食堂オープン後間も無くの時間帯を狙えば混雑を避けられると踏んだわけだったんですが。

あっ!そうなんだ、君たちのクラブも同じ作戦で攻めてきたんだね(ひきつり笑顔)。

仕方ないのでササッと食事を済ませて早々と部屋に戻りリラックスに努めてから仕事へと出かけましたよ。なに、やり過ごせば済むことじゃないですか。

今日も昨日とさほど変わらないような慌ただしさで、黙々と仕事をこなしてあっという間に1日が終わりました。が、ホテルに戻ってから当然あるべき可能性のことが自意識に欠落していたのに気づきました。

彼らもまた連泊でした。ふりだしに戻る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)