宇和島だけでは飽き足らず西予市城川の宝泉坊ロッジにて温泉とソーセージとゆったりした時間で充電してきた

昨日の誕生日。宇和島のきさいや広場で海鮮丼を食しただけでも充分満たされるべきところではありますが、思いがけずの泊まりがけ旅行にしてしまったのですよねわーい。

宇和島で一泊と最初は考えていたのですが、どうせなら次の日(今日ですね)にも行ってみたいところがあるので、その中間点あたりでいい所ないかな、ついでに温泉にも入れたらいいな、とか贅沢な妄想をしていたら、その条件を満たす所が見つかったのでした。その名も宝泉坊ロッジ

img_2931

そこは西予市の旧城川町にある宿泊施設なのですが、地元の方々も日帰り入浴で利用されている宝泉坊温泉に併設されていて、宿泊するともちろん営業時間内はその温泉に入り放題なのです。この温泉、温泉の施設自体は内湯と露天風呂とサウナと薬湯のシンプルな構成のみですが、非常に泉質が良くて、体もポカポカ温まるしお肌もすべっすべになるので満足です。

さらに、追加料金が必要ですが、温泉のお湯を利用したバルネオセラピー(温泉療法)ができるプールも使用可能で、様々なジェット水流を利用したエクササイズをしながら現代版の湯治ができるようにもなっています。

現代版の湯治、というコンセプトがあるからか、今回泊まった宝泉坊ロッジの新館には共用キッチンルームと各部屋にもミニキッチンがあるので、部屋で簡単な自炊も可能なのです。そんなわけで、道の駅で買った旧城川町特産のソーセージを焼いて、持ち込んだビールで部屋飲みをしながら楽しく一夜を過ごしたのでした。そんな一味違うユニークな宿ですが、料金は意外とリーズナブルで、一人3500円でした。

朝も日帰り入浴の温泉施設が朝10時からなので朝風呂はダメかなと思っていたら、チェックアウト後でも利用券はサービスしてくれるというし、7〜9時の間なら家族風呂の浴槽を無料開放しているので使ってもOKと言って下さるしで、もうとにかく温泉に浸かってひたすらだらだらしたい方には超おすすめです。

それと最初は素泊まりで予約していましたが、希望なら朝食付きにもできると言われ、色々考えて変更してもらったのですが、その朝食がなかなかナイスでした。追加料金は一人当たり500円。それでこんな感じの朝ごはんが付いてきます。

img_2930

パンも素朴な味でとても美味しかったですし、目玉焼きの下のはソーセージの一種なのですけど、こちらも非常に美味でした。城川のソーセージやハム・ベーコンは、まじりっ気なしの肉の味が口の中に広がる感じがして大変おすすめですよ。

そんな感じで、日常から脱出してたっぷり充電できる誕生日を過ごしたのでありました。ああ、また行きたいなあ宝泉坊温泉。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)