前に飲んだ時はそれほど好印象でなかったけど、改めて刺身と一緒に試して名誉挽回した「岡山づくり」

あっ、忘れてた!で四国カルスト道中記を書いたように、もう一つ忘れているものがありました。47都道府県一番搾り。あと一缶冷蔵庫に残っていましたよ。

埼玉、東京、名古屋ときて、地元愛媛に辿り着くちょっと手前、岡山県の岡山づくりを買っていたのに飲み忘れていたので、早速飲んでみます。

img_3019

岡山ってキリンビールの工場があるので、今回の47都道府県シリーズの前に、去年の全国の各工場オリジナルヴァージョンの一番搾り企画の時にも岡山づくりをリリースしてるんですよね。その時は地区ブロックごとに販売されていたので、愛媛では一番近くの工場ということでスーパーやコンビニで普通に売られていたんですよ。なので当然飲んだはずなんですれど、自分のblogを遡っても記事が出てこないんです。

なんでかなと思って色々見ていたら、どうもその時はあんまり美味しいと感じていなくて、貶める記事は書きたくないというポリシーゆえに無かったことにしていたのでした。

うーむ、では今度はどうなのか。多少作り変えてはいるはずですが。ではグラスへと。

img_3021

ほほぅ、結構薄い色ですね。軽く飲める感じでしょうか。でも広がる香りはなんとなく甘い香りに感じるんですけど。

飲み口は軽くスムースでした。でも広がる香りがやっぱり、甘口の日本酒のような系統です。だからと言って甘さが強い味というわけではなく、旨味はしっかりとしています。苦さはさほど強くもなく、コクもあまりない感じです。よく澄んだ飲みやすいビールという感じはするのですが、そこにどうしても感じる日本酒の風味。

一体どういうことだと思いましたが、裏の岡山工場醸造長さんのコメントでわかりました。

img_3022

米ですよ、米。そうだ、前に飲んだ時もこの米の匂いのようなものが引っかかったんでした。でも、今回はそこまで変な感じには思えませんでした。閉店間際のスーパーの半額刺身がおつまみだからかな。和食のお供には合うと思いますよこの味は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)