第3水曜日はキスケの湯へ行くのだ

昨日のことがあったので、今日は頼まれていた仕事のペースをあげて、早めに仕上げられるようにと頑張りました。インターネットで検索して必要なデータを集め、一覧にまとめる作業です。何度かやってきたのでコツも掴めてきたし、何処のサイトへ行けば凡そまとまったデータが見つかるというのも解ってきたので、締め切りの月末までにはなんとか仕上がりそうですが、この作業は目も疲れるし肩も凝ります。夕方、疲れたなあと思いながらカレンダーを見たら、今日は第3水曜日。じゃ、折角だからと出掛けました。

行き先は、松山人なら誰もが知っているであろうJR松山駅前の温泉「キスケの湯」。ここは毎月第3水曜日が「キスケの日」で、普段は大人570円の入浴料金が小人料金と同じ310円になります。お得ですね。しかし、今日は時間も悪かったのか超満員でした。同じように一仕事終わっての汗を流す方々が詰めかけていて、あんなにたくさんある洗い場が全部塞がっていました。仕方が無いので素っ裸のままぐるぐると空いた席を探して3回くらい廻ってようやくシャワー確保。ここまでとは、さすが皆さん、お得なキスケの日をご存知なのですね。

キスケの湯の魅力的なところは、まず浴槽の種類が多いことですね。新源泉掛け流しの大浴槽をはじめ、気泡風呂、ジェット風呂、スーパージェット風呂、寝湯、リラクゼーションバス、歩行浴、炭酸泉の露天風呂、浮遊バス、塩サウナ、高温サウナ、ミストサウナ、日替わりの湯、水風呂、冷水風呂、電気風呂、打たせ湯、と色々ありますね。

特に必要のない情報だと思いますが、わたくしは洗い場で体を洗った後は、まず歩行浴です。その後、スーパージェット風呂、寝湯、気泡風呂、電気風呂、炭酸泉の露天風呂、あたりを巡回して日替わりの湯で締めます。いや、ほんと、必要ないですよねオッサンの入浴情報。

松山市内の温泉施設で歩行浴があるところはいくつかありますが、ここキスケの湯の歩行浴が一番水流が強いかと思います。歩く方向と逆向きにお湯が噴き出して流れを作っているので、その流れに逆らって歩くことになりますが、一人で貸切状態ですと結構な抵抗力がはたらくのでいい運動になります。いつも最低30分は歩くようにしていますが、他所の歩行浴の30分とは歩き終わった時の爽快な疲れ具合が違いますね。混雑している時間だと他の人に遮られて水流が弱く感じられるのが残念ですが。

あと好きなのは塩サウナですね。塩は室内に置いていないので持参するか購入するかしないといけないのですが。今日は持って来るのを忘れたので利用しませんでしたが、伯方の塩をすり込みながら汗を噴き出させて、体内の毒素も外へ出しつつ(出ていると信じたいところ)、肌はツルツルになるのが気持ち良いのです。

日替わりの湯は、その日その日で違う香りの素材や入浴剤が入っています。今日は花束の湯とのことで、その名の通り花の香りが華やかなお湯でした。日によっては本物の柑橘だったり、木材だったりという場合もあって、天然の優しい香りのお湯でリラックスもできます。香りと言えばミストサウナのほうも、週替わりでハーブなどの香りが楽しめるのでくつろげますよ。このへんのアロマ系のサービスが女性用だけでなく男湯にもしっかり用意されているのも嬉しいです。

あまりにも日常に溶け込みすぎて、その有難さも当たり前に思ってしまいますが、昔はパチンコとボーリング場という感じの娯楽施設だった一角に、よく天然温泉を掘って下さったものですよ。交通至便なJR駅前に大駐車場も完備の温泉。なかなかこんな街はありませんからね。

あ。それで今日行って初めて知ったのですが、2月から土日祝日のみですが朝風呂を始めたそうです。平日は朝10時オープンのところ、土日祝日は朝6時から。しかも10時までに入場すれば大人500円・小人210円の割引料金になるのも嬉しいですね。早朝の綺麗なお湯でシャキッと一日を始めるのも気持ちいいですよ。もう少し暖かくなったら一度行ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)