ひっそり系Apple新製品まつりで姿を消したボルトカラーを追い求めてApple Watchを買いそうになる物欲との戦い

整形外科で診察を受けてから一週間経ちました。痛みを感じることはほぼ無くなっております。正確には、どういう動きをすれば痛みが起こるか、ということが把握できていなかったので、完全に治ったかは怪しいのです。もしかしたら痛む動き方を思いつけなかっただけかもしれないので。

けどまあそれであっても、歩きもできるし屈伸もできるし、腰をくねくねと変な踊りをすることも可能。なら大丈夫じゃないかと思います。ただ、この一週間で痛みが起きないように無意識にかばうような動き方をしているようで、以前に比べてちょっと腰に違和感はあるのですが。まあそのうちそれも薄れるでしょう。

それを気にするより、徐々にストレッチしたりして、怠けて硬くなった筋肉を働かせるようにしなければ、また同じような症状を引き起こしてしまうかもしれないし。

とか思うと、じゃあ今日は時間があるから走るか?みたいな感じにすぐ考えてしまうんですが、そういう勢いで急にやってしまうことがあの腰痛の原因だったので、全く解ってないなあと自分に呆れてしまいます。そして、じゃあ何ならいいんだ? 温泉でも行くのか?コミセンへでも行ってトレーニング再開すんのか? 何やるんだ? 何かやらないわけにはいかないだろう? みたいな思考に陥って妙にセルフ気疲れしてしまい、結果的に無為な一日を過ごしてしまいましたとさ。

でもまあ実際、走るなり、漕ぐなり、もち上げるなり、何かしらのトレーニングは再開しないと本当にまずいとは思っているんですが。再開しようとした途端に腰痛でつまづいた自分を立て直すのには精神的にもかなりな労力が必要になっています。

割と形から入る人でもあるので、こういう時は例えばウェアとかシューズとかを新調すればモチベーションが上がったりする単純なシステムでもあるのですが、困ったことに経済的にも困窮しているので、なかなかマイ財務大臣が許してくれないのですね。いや、ジャージ1着買って毎日走るようになるのなら安い投資じゃん。

で、昨日のApple新製品まつり。赤いiPhone 7!キャー!とか言っていましたが、さらに情報を集めていたら、気になることを発見しました。

Apple Watch NiKE+という、NIKEとコラボレーションしたApple Watchが昨年秋に発売されていたのですが、そのモデル専用扱いだったNIKEスポーツバンドが、バンド単体でも買えるようになったのだそうです。フルオロエラストマーという素材で、通気性を高めるために通気穴がたくさん開いているという独特のデザインでなかなか気持ちわるカッコいいバンドです。

特にボルトというライムイエローのような鮮やかなカラーを使ったものが人気のようで、それを目当てに「どうせApple Watchを買うならNIKE+のにする」というブロガーさんも多数いらっしゃるようでした。

そのバンドが単体で買えるとなると、わざわざNIKE+の本体を買わなくても後で買い足せばいいよね、となるのですが、よくよく見てみると。

ブラック/ボルト(要するに黒/ライム)
アンスラサイト/ブラック(要するに濃灰/黒)
ピュアプラチナ/ホワイト(要するに銀/白)

の3色になっているんですよ。ありゃ、シルバー/ボルトが廃番になってる。(厳密に言うとブラック/クールグレーも廃番になって、灰色が炭色くらい濃くなったアンスラサイトに差し替えられてる)

その上、バンド単体でなく本体とセットで購入できるのは、ブラック/ボルトを除いた2パターンのみ。そういう風に新製品まつりで仕様変更されてしまったようなので、どうもブラック/ボルトのApple Watchが欲しい場合は別売りのバンドを買い足すという形でしか手に入らなくなったようなんですよ。おーい、これ本当かよー。

まあ多分、ネット上での早速買ってみた系記事ではボルトカラー大人気のように見えたんですが、普段使いには派手すぎなので白単色・黒単色に見える2モデルのみを残してマニアはお好みでどうぞ、っていう作戦に切り替えたのかもしれませんね。困ったな、わたくしマニアなのに。

で、ふと、NIKEとのコラボレーションなんだからNIKEのサイトでも売ってたりして、しかもまだボルトカラーのものも買えたりして、と思ったら…ビンゴでした。ありましたよ。

じゃ、じゃあ売り切れないうちに速攻で! しかも存在自体消されるホワイト/ボルトのモデルで! 今すぐポチッと!

と脳内で激しい喧騒が起こりましたが、今日のところはぐっと堪えてサイトパトロールに止めました。買っちゃえよー買っちゃうと走りたくなるよーと悪魔の囁きが耳から離れないので、ひとまず寝て頭をリセットしたいと思います。買わなくてもいいから走れよー。ジャージの方が安いぞー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)